AV1 ハードウェアデコード対応デバイスまとめ

NO IMAGE

VP9については該当記事が別にありますのでそちらを参照。

対応ハードウエア

Intel HD Graphics・Xe Graphics

Intel HD Graphics・Iris Graphicsは全モデルで非対応。
Intel UHD Graphicsは750(11世代)以降で対応。

Iris Xe Graphicsは初代モデル(11世代)から対応。

どちらにせよ11世代以降のCPUを積んでいればOK。

参考

NVIDIA GeForce

RTX30シリーズ(RTX3000番台)以降で対応

AMD Radeon

VCN(Video Core Next)として提供。

RX6000シリーズ以降で対応

Ryzenシリーズでは21年7月現在、非対応モデルしかない。

Qualcomm Snapdragon

S888+のスペックシートでも非対応とされている。

MediaTek Dimensity

Dimensity 1000に搭載とのこと。
搭載スマホはReno5 Proなど。

Samsung Exynos

Exynos 2100以降で対応とされている。
スマホでいうとS21のグローバル版。

Apple製品について

A14 Bionicから対応とされている

M1も対応とのこと。(ただしChromeなどのバージョンにより動作しないこともあるとかないとか。)

ソフトウエアについて

HWデコーダにデータを渡すソフトウエアが必須。

Windows

Windows10 1909以降で対応。
Microsoft Storeより「AV1 Video Extension」が必要。

AV1自体はChrome、Firefox、Opera、Edgeなどに対応。
ただ、ソフトウェアデコードになる場合もあるようで試してみないとわからない面が多い。
いずれにしても「ハードウェアアクセラレーション」を入れておくこと。
重いから切れとかいうサイトは信用しないほうがよい。

VLCなどもサポートを開始しているよう。(ハードウェアデコードができるかはわからない)

グラフィックボードが非対応で動作しない場合、内蔵グラフィックが対応しているなら設定を行うことで内蔵グラフィック側の支援機能を使える。
マザーボード側の設定でグラフィックボードを使っているときも内蔵グラフィックを有効にするように設定。
ディスプレイドライバをインストールしてタスクマネージャーにGPU 1が表示されるようにする。
設定アプリ→システム→ディスプレイ→グラフィックの設定
内蔵グラフィックにしたいアプリ(Chrome等)のexeファイルを指定し、オプションから省電力に設定する。
このときGPUの省電力欄が内蔵グラフィックになっていることを確認。

Youtube AV1の設定

Youtubeの「設定」→「再生とパフォーマンス」にAV1をどの程度使うかの設定項目がある。

ハードウェアデコード対応PCでは「自動」または「常にAV1を使う」に、非対応PCでは「SD画質でAV1を使う」にチェックしておくといい。
ただし画質的にはAV1を使うほうが有利なのでデスクトップのゲーミングPCなどCPUスペックが高いならCPUパワーでゴリ押しするのも良い。
ここはスペックと相談しつつ決めてもらえれば。

「自動」だとハードウェアデコードの有無にかかわらず、ブラウザが対応していればAV1を優先して使うようになる(「常にAV1を使う」状態)。